記憶力の低下が著しい…このまま認知症になるの?

記憶力の低下が著しい…このまま認知症になるの?

最近、どうもタイプミスが多かったり、仕事について記憶力が低下してきました。また、耳鳴りもすごく、毎日「キーン、キーン」とう音で悩まされております。

 

耳鳴りのせいで、頭痛もひどくやる気が出ない毎日が続いております。周りに症状を説明し、相談したところ「心療内科」で問診受けた方が良いと、アドバイスをいただきました。心療内科に行ったところ、「うつ病」では?と判断され現在は、定期的に心療内科へ行き治療に専念しております。

 

前述したとおり、心療内科を中心に治療を行っております。毎週1回必ず医師との面談。医師から処方された薬による治療が中心です。また、漢方薬による治療も行っています。「サイコカリュウコツボレイトウ」という名の漢方薬を毎日飲んでおります。

 

これがメインの治療です。その他には、軽い運動(散歩)を毎日実施しております。この病気では、本当の会社での仕事を忘れて休暇をとるのが一番良いとされており、会社への出勤は禁止となっております。

膝、ひじ、腰など関節に効くサプリメント!

最近のテレビCMでおなじみのサプリメントといえば、アセチルグルコサミンではないでしょうか?関節の痛みは年齢に比例して起こり、身近なお年寄りがヒザの痛みを訴えるのを聞いたことがある方もいるでしょう。

 

アセチルグルコサミンは、軟骨の成分である天然のミネラルです。若いうちは、体内のアセチルグルコサミンを活用して軟骨の上手く機能しています。しかし、加齢によってアセチルグルコサミンの量が減ってくると、軟骨の修復が難しくなってきます。関節の働きは、軟骨が組み合わさることによって曲げることができるようになっています。

 

何年も関節を動かす動作を繰り返していると、軟骨が磨り減ってくるのは当然です。そのため、年をとって軟骨が減ってくると、関節を曲げるたびに骨が別の骨や神経に触れて痛みを引き起こすのです。

 

関節痛というのは、このときの痛みのことを指します。運動や怪我などによって軟骨が激しく磨耗することでも、軟骨は磨り減ってしまいます。

 

体内のアセチルグルコサミン量では追いつかなくなり、そこでアセチルグルコサミンサプリが有効になってくるのです。体内にアセチルグルコサミンが増えれば、関節の軟骨が生成され、関節痛の症状を和らげることにつながります。

 

関節痛の改善には、アセチルグルコサミンの他にもコンドロイチンやデビルズクローなどがサプリメントの成分として注目されています。コンドロイチンも様々な商品として開発され、市販されています。関節が痛いと感じたら、これらの成分が含まれたサプリメントを利用してみるとよいでしょう。